但馬焼窯元にて

9月18日(回想)

昨日までの雨があがり

庭での陳列が叶う

 

着物や端切れ、使い込んだ木綿を

繫ぎ合わせた暖簾を掛ける

ところどころの継ぎはぎは

生地の補強も兼ねたデザインもあるが

昔の人の仕事をそのまま使った

箇所もある

他に一つ一つ形の不揃いな小ぶりの茶托

インドのベル

ほおずきを入れたらぴったりの

高さ10センチ程の細長いチビ手提げ籠

ペパロンの紙、お便りセットなどを

並べてお客さんを待つ

 

友人が製作した和紙のポストカード

ノート、箸袋、はこの日が初売り

正確には「友人たち」だが

試行錯誤して完成したその一つ一つに

作り手の個性がばっちり出ている

同じ素材ながら雰囲気の異なるそれぞれを

吟味し迷いながら

お気に入りを四枚選んだ

 

この日は但馬焼の商品が超お買い得価格で並んでいた

たとえば、タンポポの葉を押した茶碗800円

土佐みずきの葉を押した(まん丸葉っぱが三枚並んでいる)

20センチの楕円皿800円は思わず買いたいなと思った

 

陶器目当てのお客さんを庭から眺めたりしながら

時々接客

時おり吹く山からの風が心地良い

お昼は庭に腰かけて新発売のハチゴロウ弁当を食べた

ハタハタの南蛮漬けが最高に旨い

 

本日のたきち舎人気商品は

熊避けにもなる音色の美しい手作り感たっぷりのインドベルでした

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Lawrence (日曜日, 22 7月 2012 23:21)

    My spouse and I stumbled over here coming from a different web page and thought I may as well check things out. I like what I see so now i�m following you. Look forward to looking at your web page for a second time.