山の中の珊瑚

 

山道をドライブするのにあいにくの雨

虫博士と一緒に

着いた先は山間の一軒屋

陶芸家の 滝町幸さんのお宅

すぐそばを由良川の支流が流れ

庭には稲木、お風呂の薪、真っ赤なかぼちゃ

 

工房には出来上がった茶碗や湯のみ

以前ブログに載せた箸置き(鬼っこ)がずらりと並んでいた

そして一際目をひくオブジェのような大作

白い珊瑚の塊

過去の作品集も見せてもらう

そこには繊細で神秘的な海の生物の世界が広がっていて

思わずため息が出た

私が最初に出会った器とは

全く違う作品

これから新たにつくりたいモノもあるのだと

幸さんの世界をこれからも見てみたい

楽しくお茶をいただきながら

冬のたきち舎の話をし

山道を帰ってきた