4月の上賀茂神社手作り市 

4月の最終週末。お天気続きで時に夏を思わせる日差しの中で

上賀茂神社の手作り市に出店した。

今回は相棒の苔柿釜さんのいない、単独出店。

果たして商品数が。スペースがもつのか。と抽選に当たってから考えたけれど。

やるしかない。いままでの怠け性にムチうちつつミシンに向かう。

 

不慣れなテント張りもお隣の親切なご夫婦に助けられ無事開店。

お天気もよかったし、最初から沢山の人。

皆暑そう。

左隣はこの道50年、筆を作っている方と

右は綾部の竹炭専門店

偶然にも和ジャンルが3店並ぶのも面白いと思ったり

接客を聞きながらへーと感心したり

これも出店の楽しさ

 

丁度当たった場所が新緑の木陰の側で

いい風にふかれながら店番していると

興味をもって見てくださるお客さんがちらほら

あえて着物地にこだわらないような方が足を止めてくださるのもとても嬉しい。

何年か前にワンピースを作った着物地で今回は丸襟のブラウスを縫った。サーモンピンクの綸子にちょっとダークなオレンジいろの雲柄。

久々に引っぱりだしてきたこの生地、しみじみいい色だなって思った。

目にとめてくださった方の年齢層も幅広く

改めてこの生地の持つ魅力を感じさせられた。

5月から少しの間介護の資格取得に通う予定だが

時間をみつけて夏の服を縫いたいなあ。